吉祥寺卓球倶楽部 サポーティングプレーヤー 加藤美優

加藤美優

所属 日本ペイントマレッツ(Tリーグ)
戦型 右シェーク(裏/裏)
世界ランキング 20位 *2019年3月(最高13位)
主な戦績
2013年度 全日本選手権ジュニア女子優勝
2016年 世界ジュニア卓球選手権 女子団体優勝
世界ジュニア卓球選手権 女子シングルスベスト4
世界ジュニア卓球選手権 女子ダブルス準優勝(早田ひなペア)
2017年 世界卓球選手権ドイツ大会 シングルスベスト16
世界ジュニア卓球選手権 女子団体準優勝
世界ジュニア卓球選手権 女子シングルスベスト4
世界ジュニア卓球選手権 女子ダブルスベスト4(長﨑美柚ペア)

東京生まれ東京(吉祥寺)育ち
オリジナル技術「ミユータ」を武器に
東京オリンピックでメダルを目指す!

加藤 美優(かとう みゆ)プロフィール

父が卓球選手。卓球との出会いは温泉卓球[4]。6歳で本格的に卓球を始める。練習場所は吉祥寺の祖父母のガレージ[1]。幼少期は美鷹クラブ、TKOクラブで腕を磨いた。 卓球を始めてから11ヶ月(7歳=小1)で出場した平成18年度全日本選手権大会(バンビの部=小2以下)でベスト8となり、その大会のベスト16で加藤と対戦した相手が平野美宇選手(年長)(平野卓研=当時)であった。また同ベスト8で対戦した相手は浜本由惟(小2)(すみよし長居TC=当時)で、浜本はこの大会で優勝した。また同大会で同じくベスト8と成った伊藤美誠(小1)(豊田町卓球スポーツ少年団)など、平成21、22、23年度全日本卓球選手権(一般・ジュニアの部)等で大活躍している小学生たちの原点がここにある。なお加藤の他に伊藤、平野美宇、早田ひなの4人を含むこの世代を黄金世代と言われている。
Wikipediaより